2020シーズンの活動終了のご挨拶

〜2020シーズン活動終了のご挨拶〜

平素より、サポーターの皆さま、パートナー企業の皆さま、地域の皆さまにはご支援、ご声援を賜り厚く御礼申し上げます。

2020年は新型コロナウイルス感染症の世界的流行が、人々の生活と社会に多大な影響を及ぼす年となりました。
オリンピックの延期や医療崩壊の危機、世界経済の後退など、暗く、不安になるニュースが報じられる中、こんな時だからこそ地域の方々に少しでも明るい話題を届けられるようにという想いでクラブ一丸となって活動してまいりました。

【2020年の主なできごと】

・地域の大規模病院にマスク寄贈
・緊急事態宣言中のオンラインレッスン確立
・元Jリーガー2名がチームに加入
・小学生年代のJrチーム設立
・ローヴァーズドリームフィールド完成
・東京ドイツ村に室内サッカーコート完成
・内閣府後援の若手起業家グランプリでカレンロバートが総務⼤⾂奨励賞を受賞
・企業パートナー数が18社から62社に増加
・女子⽇本代表選⼿の⼊社内定

残念ながらTOPチームの関東リーグ昇格は逃してしまいましたが、コロナ禍において上記のトピックを実現することができました。

2021年は旧中郷中校舎の宿泊施設リノベーション、印旛郡・茂原市にそれぞれ新たなサッカー施設の建設という大きなプロジェクトを進行していきます。

コロナ禍で社会に不安が漂う状況だからこそ、ローヴァーズの活動を応援してくださる地域の皆さま、サポーター、パートナーの皆さまのために、クラブフィロソフィーである『Life is Challenge』を合言葉に、力強く挑戦を続けていきたいと思います。

2021シーズンも引き続き熱いご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

房総ローヴァーズ木更津FC
代表 カレンロバート